最旦館ケイコ_ブログサイト

きもの買取ます。

  • 2011年7月 5日(火) 11:40 JST
  • 投稿者:
    modankan

大切な、あなたのお着物を安心しておまかせください。

1.経験豊かなバイヤー  ★★ 着物の買取は、着物の専門業者が一番! ★★

  気軽な気持ちで、着物買取業者を選ばれて、とても着物とはかけ離れた雰囲気の業者者が訪問し、

  驚いた!半ば無理やり処分させれた! など御座いませんか?

  あなたが大切にされていた着物は、信用の置ける買取業者に相談するのが一番。

  その点、当社のバイヤーは、リサイクル着物を専門に扱って約30年です。

2.信頼の取引先   ★★ 有名百貨店との取引です。 ★★

  当社は、百貨店で着物催事を全国展開しております。

  北は、福島から南は鹿児島まで百貨店での催しに参加させていただいております。

  催事を開催する百貨店は有名百貨店なので信頼度は抜群です。

3.スピードと高額査定  ★★ 当社の査定の特徴 ★★

  一点一点の値打ちをそのまま買い取り価格としてお伝えいたします。

  当社査定員は年間数万点という膨大な数量の商品をオークションで扱っているため、

  短時間でもすべての商品に目を通させていただきますので、ご安心ください。

  高く買い取れる理由は当社が買い取った商品を自社の日本最大級の着物専用オークション

  (創業50余年)にて超一流の着物専門業者で競り合って買っていただくためです。

  かけ引きは一切いたしません!

4.無料査定  ★★ 査定は無料 ★★

  お値段が合わない場合は、遠慮なくお申し出ください。

  関西一円出張査定、そのほかの遠方で当社がうかがえない場合、全国着払いでの査定も賜ります。

5.買取できる着物  

  訪問着・留袖・色留袖・本場結城紬・本加賀友禅・越後上布・本場黄八丈

  本場宮古上布・琉球織物全般、特に未着用のものには、高値が付きます。

  高額査定のポイントは、反物のときに付いている産地証明の証紙が重要です。

6.買取できない着物  

   ウール・ポリエステル等化繊のもの・喪服・羽織・その他シミやキズのあるもの、破れていたり著しく

   状態の悪いものなど。

   電話での相場のお問い合わせは、商品の状態を拝見せずには判断できませんのでご了承願います。

神戸の元町から

  • 2011年3月22日(火) 19:00 JST
  • 投稿者:
    modankan

まず始めに、
東北地方太平洋沖地震で失われた尊い命にご冥福をお祈り申し上げ、
また被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。

地震から10日あまり経ちました
まだまだ被災された方々には厳しい日々が続いておられるなか
神戸の街は申し訳ないほどおだやかです
阪神・淡路大震災のときに支援していただいた私たちが
今できることは何だろうと考える日々です

救援物資や義援金を送るために
がんばって働こう!というのが最近の自分への掛け声です

最旦館ケイコ神戸元町で営業しております
 

今週のボディちゃんは
天女柄の付下げです


やさしげな天女さんを見ていただいてお客様に
やさしい気持ちになっていただけたらいいですね


 


 

 天女柄付下 8400円  袋帯 6300円

こちらの商品は元町店での取り扱いになります
お気軽にお問合せください

最旦館ケイコ
078-331-5022
toiawase@modankan.jp

新着情報

  • 2011年2月17日(木) 18:40 JST
  • 投稿者:
    modankan

本日は元町店の新着商品のご案内です

牛首紬の袋帯(未仕立て)がなんと3本も入ってきました

生産地である石川県白山市・白峰の旧地名(牛首村)に由来のある牛首紬は
二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られてきたのが牛首紬です
しっとりとしなやかな中に節がある風合いは多くの方々を魅了しています

その牛首紬の袋帯は紬の訪問着などおしゃれな着こなしにぜひ合わせていただきたい逸品です

 


3本も同時に入荷するのは珍しいのです


こちらは優しい淡いベージュ系がベースになっています
これからの季節に重宝しそうですね


こちらは濃い茶系です
市松に濃い色、白色になっているので
濃い色地のおきものにも合わせやすそうです
 


こちらは明るい卵色系です
優しい雰囲気です

こちらの商品は元町店でのお取扱になります
お気軽にお問い合わせください

最旦館ケイコ
078-331-5022
toiawase@modankan.jp

新着情報

  • 2011年2月11日(金) 19:00 JST
  • 投稿者:
    modankan

本日の神戸は朝は雪模様でしたが

午後から晴れてお天気の連休初日でした

お休みの日は遠方からのお客様も来店されます

今日は名古屋からのお客様と

名古屋で催しもする最旦館ケイコなので

名古屋についてのお話が弾みました

さて本日の新着情報は

格調高い山口美術織物の訪問着です

西陣織物でも屈指の山口美術織物は

唐織が得意な織元さんです

 


上品な紫がかった地色に地紋が映えます


唐織の持つふっくらとした風合いが上品です

こちらの商品は元町店でのお取扱となります

お気軽にお問い合わせください

最旦館ケイコ
078-331-5022
toiawase@modankan.jp

新着情報

  • 2011年2月 9日(水) 18:05 JST
  • 投稿者:
    modankan

昨夜は神戸久しぶりの雨が降りました

乾燥していた空気がしっとりとなって街路樹もちょっとうれしそうです

さて元町店では新商品が入りました

江戸組紐の五嶋紐です

腰のある締めやすさと優雅な色合いが人気ですね

 


カジュアルな装いのアクセントになりそうです


フォーマルな場ではやはりしっかりした組の帯締めが
全体の品格を上げてくれます

元町店でのみの取扱となります
色合いもそれぞれありますので
お気軽にお問い合わせください

最旦館ケイコ
078-331-5022

ルミナリエ

  • 2010年12月 2日(木) 18:34 JST
  • 投稿者:
    modankan

12月に入りましたね

神戸の街は12月に入ると「コレ」が始まって

今年も最後の月だなと思うのです

それはルミナリエです!

これは去年の画像ですが

光の都、神戸 とありますが
本当に街に光があふれます

今年のチラシです

毎年テーマがあるのですが今年は「永遠の記憶」です

阪神・淡路大震災のメモリアルということを忘れないで欲しいということからだそうです

お昼のルミナリエの入り口です
また印象が違いますね

今夜から期間中はたくさんの方々が来られるので
多くの警備の人が誘導しています
点灯の瞬間がお目当ての方が多いのですごい行列になります
でも点灯の瞬間はやはり荘厳な雰囲気でみなさんが見たくなるのはしょうがないですね

 ルミナリエに来られる際は
会場からとても近くなので
最旦館ケイコにもお寄りくださいね

最旦館ケイコ

京刺繍体験

  • 2010年11月18日(木) 18:57 JST
  • 投稿者:
    modankan

先日京刺繍の体験レッスンに行ってきました

京都で教室をされている先生方が三日間だけ神戸で体験レッスンを開いておられました

下絵の描かれた40cm四方の塩瀬の生地が木の枠に張られて用意されていて

生地の色と糸の色を自由に選ばせてもらえます

針と鋏も貸してもらえます

基本的な刺し方を教えてもらっていざ本番

こんな小さな柄なんですが
3時間みっちりやっても間に合わず
最後は急いでやりました

出来上がりはこんなかんじ
初体験なのでお恥ずかしいのですが

改めてお店の刺繍のおきもの見てみると
その完成度にうっとりです

 刺繍は以前から手間のかかる大変な技術だと思っていましたが
実体験してみるとまたその技術の素晴らしさがほんの少しですが
理解できました
本当にきものに関する技術はすごいですね

最旦館ケイコ
078-331-5022

綴名古屋帯2点紹介

  • 2010年11月12日(金) 17:45 JST
  • 投稿者:
    modankan

本日の商品紹介は

綴名古屋帯です

綴れ織りは織物の原点の技法と言われていて、発祥は古代バビロンまで遡るそうです。
日本では千二百年前の正倉院御物に渡来品かどうかはわかりませんがつづれ織りの裂があるそうです。

とても簡単な織機によって原画を頼りに一本一本の糸を、のこぎりの歯の様にギザギザに整えた指頭の爪で、丹念に糸を掻き寄せて織り上げていくため、複雑な図柄になると、数センチ織るのに数日を要する場合もあります。手間と時間がかかるためとても珍重されてきました。

そのように貴重な帯なので名古屋帯ですが格のある帯とされてきました
爪綴の帯は一つ紋色無地や付下げ、訪問着まで合わせていただけます(柄の格にもよりますが)
昔は鶴などのおめでたい柄だと 黒留袖にも合わせていたそうです

 

こちら1点目の綴名古屋帯

上品な色目と華紋の取り合わせに清楚な梅が添えられてます

梅が咲いているとやはり新春にぴったりですね

お正月のおでかけにいかがですか?さりげない季節感と格がなんとも素敵です

 お茶席にもこの品のよさは好まれそうです

 前の柄にも梅が!

 


 

2点目の綴れ帯は(こちらも名古屋帯です)

絵本のようなのどかな田舎家が織り込まれています

こちらは季節を問わない図柄なので袷から単衣の季節までお召しになれます

単衣の時期に夏帯には早いしどんな帯を合わせようかと

迷うときありませんか?そんなときは綴れの帯の出番です

こちらの帯の極薄いグレー地は使いやすい色ですね

使っている色目も幅広く合わせられるきものも多そうです

 

 

金糸の色も上品です

 

派手な帯ではないですが長く使っていただくと
慣れて益々締りがよくなる綴れの織りを実感していただけると思います

2点とも仕立て上がり未使用品 52500円(税込)

元町店にお問い合わせください

最旦館ケイコ
078-331-5022

きもの生地の洋服

  • 2010年11月10日(水) 18:30 JST
  • 投稿者:
    modankan

元町店には多くのきものから洋服を作られるお客様が来店されます

ご自分で作られた洋服を着て来られる方もいらっしゃるので

「あのきものが洋服になっている!」というようにいつも楽しみしています

着るには大きなシミがあったりサイズが小さかったり

柄や生地は良いのになあというようなきもの達が

素敵な洋服に生まれ変わったのを見ると

働きたいのに就職できずにいた友人にぴったりの職場が見つかったかのように

嬉しい気持ちにさせていただいてます

大島は軽くて着やすく使いやすいそうです

昔の絣の綿もお好きな方多いです

更紗柄や小さい柄はお洋服柄のように使えるそうです

絹の洋服を日常に着られるという贅沢がなんとも魅力的です

来店されたお客様同士が情報交換されていたりして

楽しい時間を過ごされています

 

リフォーム用きもの、羽織など525円からいろいろ取り揃えております
神戸に来られる際はぶらりとお好きな生地を探しにお立ち寄りください

最旦館ケイコ
078-331-5022

 

 

 

 

無地ちりめんの帯揚げ

  • 2010年11月 9日(火) 18:26 JST
  • 投稿者:
    modankan

本日の神戸は強い冷たい風が吹く一日です

寒い日でも絹を重ねて着るおきものは温かいですね

風合いも結城紬のようなマットな風合いのほっこり温かい物を選んで

着る人も見る人も寒い日を温かく過ごせたらいいですね

そんな紬に合わせたい小物にちりめんの帯揚げがあります

ふっくらしたちりめんは見た目の温かさとおしゃれ感を引立たせてくれます

元町店では常時無地のちりめん帯揚げを色とりどり揃えています

ちょっとした色の違いで全体のイメージが違ってくるので

何色も揃えてしまいますね

ちょっと抑えた色味シリーズ

 

ビビッド系シリーズ

秋、冬はこんな色が使いやすいですね

ちょっと明るめにこんなコーディネートも気分が変わります

無地ちりめん帯揚げ 1575円

こちらの商品は元町店だけの取扱になります

お気軽にお問い合わせください

最旦館ケイコ
078-331-5022

イベントカレンダー

サイトカレンダをスキップ

«
2018年 01月
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Blog カテゴリー

新着情報

コメント (2日)

-